通販お得情報掲載サイト

通信販売の中からお得な情報を集めました。

お口のケアは万病に効果!徹底研究

口内(口腔内)フローラという言葉をよく耳にしますので、いろいろ調べてみると、多くの大学などで研究され関連する物が商品化されていたのです。

 

もしかすると、口臭やその他様々な病気の原因にもなっているということもわかりました。

まだご存じない方に「口内フローラ」についてお伝えしたいと思います。ご参考にしてください。

 

私たちの腸内にはたくさんの細菌がすみついています。これら腸内にすんでいる細菌は、腸内細菌といい、その数は100種類以上、個数は約100兆個にもなります。

 

特に回腸(かいちょう/小腸の終わり)から大腸にかけては、これら多種多様な腸内細菌が種類ごとにまとまりをつくってびっしりと腸内に壁面を作って生息している状態です。

 

この様相は、まるで植物が種類ごとに集団を作って群れている花畑の様子ともたとえられ、「腸内フローラ」と呼ばれています。(お花畑= flora[英])

 

善玉菌は善玉菌で集団をつくり、悪玉菌は悪玉菌どうしで集団をつくるので、丁度お花畑のようです。

 

きれいですが、この細菌のバランスが崩れると、胃腸の調子が悪くなります。

腸内フローラの理想的なバランスはというと…

善玉菌2割:悪玉菌1割:日和見菌7割 だといわれています。

 

意外にも悪玉菌も体には必要なようです。まだ詳しく解明されていないのですが、悪玉菌も人の体には必要だということは確実のようです。

 

善玉菌…代表的なものは、ビフィズス菌や乳酸桿菌。

悪玉菌…腸内の中を腐敗し有害物質をつくる菌。

日和見菌…体調などにより善玉にも悪玉にも変化する菌。大腸菌日和見菌の一種です。

 

大腸菌が悪玉でないことに意外だと思ったかもしれません。しかし、半分当たっています。大腸菌日和見菌といって、善玉にも悪玉にもなる都合のいい菌だからです。

 

健康なときには大腸菌がいても問題ないのですが、体調を崩し体の抵抗力が低下すると、大腸菌は悪玉になります。すると、腸内を腐敗しガスを発生するため、胃腸を傷めることになるのです。

 

口内フローラ

口は消化器官であり、胃腸の延長で、口の中は胃腸と同じように細菌で一杯です。

種類にして300~400種、菌数は100億を超えます。

 

口の中にも善玉菌と悪玉菌があります。悪玉の代表的なものは、虫歯菌や歯周病菌です。

 

胃腸とちょっと違うのは、口の中の悪玉菌はプラーク歯垢)の中で生きていること。

 

プラーク歯垢)は、歯と歯ぐきの間の歯面や舌粘膜にくっついているため、通常の歯磨き程度では取るのが困難です。かなり丁寧な歯磨きケアと歯科での歯石除去も必要になります。

 

口内フローラのバランスが崩れる原因

悪玉菌が増えると、虫歯や歯周病になります。口臭も発生します。

人によっては、舌苔(ぜったい)が出来るので舌が白くなることも。

 

このように、口内フローラのバランスが崩れるのはどうしてでしょう?

1.唾液が少ない。悪玉菌は唾液に弱く、善玉菌は唾液で増えます。

2.免疫力の低下。心身のストレスなどから免疫力が低下すると、悪玉菌が増えます。

 

唾液の分泌が減る、質が悪くなると、口内フローラのバランスが崩れると、更にあらゆる病気を引き起こすことが近年の研究で明らかになってきました。

 

悪玉菌が原因で動脈硬化に!?

虫歯などを起こして歯茎に炎症が起こると、血管内に悪玉菌が入りやすくなってしまいます。

血管に入った悪玉菌は、まず血管自体を攻撃しはじめます。 それによって、血管の中に炎症がおこります。

血管の中に起こった炎症を抑えるために、血管の中にある善玉コレステロールが出てきます。

善玉コレステロールは悪玉コレステロールに変わり、悪玉菌を攻撃し始めます。

すると、次は悪玉コレステロールを抑えるためにその周りに細胞が出来てしまいます。

その細胞によって血管内の道幅が狭くなり、動脈硬化になってしまうのです。

悪玉菌は血管の中に入っていくとお話ししましたが、その後ものすごい速さで全身に拡散されます。

その時間、わずか90秒!あっという間に全身に悪玉菌がまわってしまうのです。

この拡散の結果、動脈硬化が進むことによって、脳卒中心筋梗塞になる恐れがあります。

また、脳の血管が悪玉菌によって炎症を起こすことにより、認知症になってしまうことも。

 

口内フローラを活性化するには唾液がカギ!

口内フローラのバランスを整える万能薬としては、やはり“唾液”がオススメ。

唾液は機械的刺激と味覚刺激によって分泌されます。

唾液の中には抗菌因子が含まれているため、口内のバランス調整に役立ちます。

また、唾液は口内のエナメル質とも呼ばれているくらい、歯の成分が唾液に入っています。

歯の修復にも役立つ唾液は、分泌させることで口内バランスを保ってくれます。

 

口すぼめのやり方は以下の通りです。

1.唇を閉じ、上の前歯の歯茎に舌先を当てる(サルの真似をする時のように)

2.口を閉じたまま、舌先で上下の歯茎をなぞって一周する

 

あごの下にある顎下腺(がっかせん)と呼ばれるツボを内側に押し込むことで、唾液の分泌を促すことができます。

 

スマホ姿勢は唾液が出にくいので注意!

スマホを見ている時の姿勢は、生理学の観点から見て唾液が出にくいので普段から注意が必です。

 

 

あなたの口内ケアは正しい?

緑茶でうがいをしている

歯の再石灰化を促してくれるので、緑茶でのうがいは口内ケアに効果的です。

紅茶でも同等の効果が期待できます。

 

ベロも一緒に磨いている

これはOK! 下に出来る白いものは舌苔(ぜったい)と呼ばれ、ここには悪玉菌がたくさんいます。

この舌苔は口臭の原因にもなるため、除去するのが一番です。

ただし、歯ブラシ後に磨くと口内に残った歯磨き粉で舌が痛むので、歯磨き前にやるのがオススメ。

また、舌ブラシなどを使うようにしてくださいね。

 

 

ココアで口内フローラを整える!

ココアで悪玉菌が減少

ココアに含まれる成分が悪玉菌を減らしてくれる働きがあるそうです。

また、口臭予防にも効果的なので、気になる方は飲んでみるのもオススメです。

ココアに含まれるポリフェノールは健康に効果的ですし、歯周病の発生も抑えてくれます。

 

 

終わりに

今日まで、口の中の汚さは口の中だけ…と思い込んでいた考えが打ちのめされましたね…。

全身にまで口の悪玉菌が回ってしまうとは、かなり怖いです。

他の病気を防ぐためにも、お口のケアはしっかりしないといけませんね。

お口のケアに関連するものとして、次のものが選ばれていますので、ご参考にしてください。

エチケットサプリはトータルでニオイケアが可能

プレミアムブラントゥースで黄ばみ・ねばつき・口臭が解消

HA-118は4種類の植物エキスでお口のケア!

うる藍バリアはお腹の環境を整える

イキピュアは口臭の根本の原因をダブルでサポート