通販お得情報掲載サイト

通信販売の中からお得な情報を集めました。

コラーゲンはお肌ぷるぷるの代名詞ってほんと?

コラーゲンといえばお肌ぷるぷるの代名詞のように言われています。コラーゲン鍋やお料理などでとる時に、特に女性にとって気になるのではないでしょうか?

 

実はこの疑問に関連した様々な研究が世界で行われています。

「効果が認められない」とする研究も少なくない一方で、「肌の再生に役立つ」などの新しい可能性も指摘され始めています。

 

もちろんコラーゲンは食品です。薬のような効果が保証されるものではありません。ヒトに対してどれほどの働きがあるのかも、まだまだ研究途中の段階です。でも、様々なコラーゲン研究をご覧いただくと、体を作る栄養素であるコラーゲンと上手につきあうヒントが得られるかもしれません。

 

コラーゲンと「傷の治り」

コラーゲンは食べても、胃や腸などでバラバラに分解されてしまいます。「じゃあ意味ないのでは?」と思いますが、実は「食べたコラーゲンは体の中で興味深い働きをするらしい」ということが、最近の研究で分かってきました。 それは、胃や腸で分解されきらなかったコラーゲンの破片(ペプチド)が体に吸収され、それが、体にキズや肌にダメージがある人の場合、体内でコラーゲンを作る線維芽細胞(せんいがいさいぼう)の増殖に役立っているのではないか、というものです。

実は今、褥瘡(じょくそう)(床ずれ)を患ってしまった人たちに、コラーゲン食品を食べてもらう取り組みが一部で始まっています。日本褥瘡学会のガイドラインでも、2015年に、コラーゲン加水分解物(コラーゲンを細かくし吸収率を上げたもの)が取り上げられました。「コラーゲンを摂取すると傷の治りが早い」という現場の声もあるそうです。

コラーゲンと「関節」

ドイツの病院では、関節の痛みなどを抱える患者さんに、コラーゲンが使われ始めています。 また、大学駅伝のある強豪校は、コラーゲンを食べることによって、酷使される関節のケガや痛みが軽減した、という実感を得ているそうです。

03

コラーゲンは、実はゼラチンとそっくり!

今回、コラーゲンを製造するあるメーカーにその作り方を教えてもらったら、その中身は「ほとんどゼラチンと変わらない」とのこと。もちろん、いわゆるコラーゲンサプリなどは、体に吸収されやすいように精製されています。しかし、お料理に使うゼラチンを食べることでも、体の中で分解され、”コラーゲンの破片”(ペプチド)が体に吸収されることが期待できるのです。

それでは、皆さんが気になるコラーゲンの効果を詳しく精げてみます

 

ハリのある美しい肌を作ります。

コラーゲンは、肌の本体というべき真皮の約70%を占めており、 真皮中で互いに橋を架け合う事で、肌本来の弾力を生み出しています。

また、コラーゲン合成に働く細胞を活性化する効果もあります。

 

シミやソバカス対策に役立ちます。

表皮にできるメラニン色素は、正常なターンオーバーによって剥がれ落ちます。

コラーゲンには、表皮のターンオーバーを活性化する効果がありますので、シミやソバカス対策に役立ちます。

 

美しい髪を作ります。

髪の毛は、表皮が真皮まで陥没し、そこから生えています。

真皮がコラーゲンで満たされていれば、髪はしっかりした美しいものになります。

 

関節痛を緩和します。

関節を保護するために大切な『軟骨』にも、コラーゲンが豊富に含まれています。

しっかり摂取することで、丈夫な軟骨を作り、関節のクッションとなることで、関節痛を緩和します。

 

骨を丈夫に保ちます。

骨はコラーゲンにカルシウムなどが沈着した構造となっています。

骨のコラーゲンも新陳代謝を繰り返していますので、しっかり摂取することで合成が促され、骨を丈夫に保ちます。

また、閉経後の骨粗鬆症予防にもコラーゲンは有効だと言われています。

 

血管を丈夫に保ちます。

血管壁にも豊富に含まれており、傷ついた血管壁を修理する効果があります。

不足すると、血管の弾力が低下し、高血圧や動脈硬化を引き起こしやすくなってしまいます。

 

目の健康を守ります。

目にもコラーゲンが多く含まれており、 しっかり摂取することで、筋膜が強くなり、加齢に伴う視覚障害や疲れ目など、目のトラブルを予防・改善します。

角膜はコラーゲンが層状に積み重なった結晶体ですので、不足すると目のかすみの原因となります。

 

更年期障害を緩和します。

女性ホルモンが分泌される卵胞細胞は、コラーゲンが豊富な環境に存在します。

そのため、更年期に入っても、コラーゲンをしっかり摂ることで卵胞細胞が活性化され、女性ホルモンの分泌低下速度が緩やかになると言われています。

胃の健康を守ります。

コラーゲンの摂取により、胃壁の新陳代謝が活性化するとともに、消化液に対する抵抗性も高まると言われています。

 

アレルギー症状の緩和に役立ちます。

アトピー性皮膚炎の緩和の基本は、肌を乾燥させない事ですが、コラーゲンを摂取する事で症状が改善することがあります。

花粉症(アレルギー性鼻炎)は日本人の国民病となりつつありますが、花粉症の軽減にもコラーゲンが効果的と言われています。

 

ガン予防に期待されています。

体内にガン細胞が発生したとき、ガン細胞の周りをコラーゲンが取り囲み、ガンの増殖を抑制する働きがあると言われています。

 

コラーゲンの効果を解説。

コラーゲンは、ハリのある肌を作り、シミ・ソバカス対策に役立ち、美しい髪を作る効果があり、正に女性にとっては欠かせないもので、口コミでも人気の栄養素です。

ペプチド化されたコラーゲンをサプリメントで摂取すると効果が最も高くなりますので

サプリメントで経口摂取する場合には、低分子化されたものを選びましょう。

当サイトでは、効率的なサプリメントの選び美しい肌・髪を手に入れて下さい。

すっぽん物語朝起きた時の肌つやが違う!

琉球すっぽんのコラーゲンゼリーはアルギニンが米酢の約210倍!

AFCすっぽん月巡り美容・健康に効果!

P&EC80はコラーゲン土台を作る3つの成分配合

ポーラのインナーリフティアは美容成分をこれ1つでOK