通販お得情報掲載サイト

通信販売の中からお得な情報を集めました。

転職は損、得?

厚生労働省が掲げている「働き方改革」について、最近のニュースでも大々的に取り上げられていますが、みなさまはご存知でしょうか。

一億総活躍社会を目指し、男性だけではなく女性や高齢者、若者から障害や難病を持っている方も、一人ひとりのニーズにあった働き方を実現するために行われている改革です。

一方、長時間労働等も課題となり、特に2015年のクリスマスにおきた電通の新入社員の過労死、他にも、就職人気企業の60%にあたる137社が過労死基準を超える時間外労働の現状など、次々とサービス残業ブラック企業などの問題が浮上しています。

この問題を見直すためにも、今一度動き出す必要があります。

 

政府が奨励している「働き方改革」が成功すれば、企業だけではなく国民にもメリットが生まれていきます。

・雇用形態を選ばず労働者が増える

正社員だけではない雇用形態の選択肢が増えれば、企業は人材の確保がしやすい、国民は自分にあった働き方が選べるといったメリットがあります。

・労働者は働き方の選択肢が増える

また、雇用形態の選択肢が増えれば、自然と働き方の選択肢が増えます。障害者や難病がある人や妊婦なども働くことが出来、労働者の確保もしやすくなります。

メリハリを付けて生産性を向上させる

労働時間の見直しでサービス残業が減り、短時間で集中して作業を行うことにより生産性の向上が出来ます。また、労働者は、私生活の時間を確保しやすくなります。

・働きやすい環境づくりにより離職率を減らす

働きやすい環境づくり、様々な雇用形態の選択を増やすことにより、退職する数を減らします。

 

働き方改革が進み、雇用環境が多様化すれば、今勤めている職場がはたして自分にとって最適な職場・職種なのだろうか?

と疑問が湧いてくるひとも少なくありません。

 

転職はプラスなのか、またマイナスなのか?

マイナス面では次のようなことが想定されます。

・退職金、企業年金が不利になる

退職金や企業年金は、勤続年数が多いほど有利になる仕組みとなっています。

長く勤めるほど、多くのお金がもらえるということです。

・福利厚生などの待遇が不利になる

有給や早期退職、株式などの人事制度で、勤続年数が影響しているものがあります。

本的には、長く勤めている人ほど優遇されるシステムとなっているわけです。

・問題が解決するとは限らない

人間関係や待遇面に不満があって転職をしても、転職先でそれが解決するとは限りません。

・社会的信用が低下する

転職後に住宅や車のローンなどを組むときに、審査が下りなくなってしまう可能性があります。

転職を考えている方は、上記のマイナス面を承知したうえで、「自分のやりたいことを実現するため」、「新たな可能性へのチャレンジ」などあたらしい気持ちで働く意欲を持った方にはおススメです。

次のサイトを検証してみてください。

 

フリーランスエンジニアに案件紹介の【midworks            

Midworksは「フリーランス」と「正社員」の良いとこ取りをした、 全く新しい働き方を提案するサービス。

 

社内SEを目指す方必見!【社内SE転職ナビ】     

業界を熟知したキャリアアドバイザーが、エンジニアのキャリアを徹底サポート。

 

ITエンジニア転職エージェント【TechClipsエージェント】

現職エンジニアがキャリアアドバイス、技術査定をしますのでご安心です。

 

飲食業界特化の転職支援フーズラボエージェント    

外食産業、飲食業界特化の転職支援サービスとして年間約1,000名以上の実績があります。

 

警備員のバイト・求人なら【ケイサーチ!】が充実

警備業界に特化した転職支援サービスを無料で行っております。